So-net無料ブログ作成
お題「アイ・ラブ・ルーシー」 ブログトップ
前の10件 | -

リッキー理想の男性説 [お題「アイ・ラブ・ルーシー」]

私は「アイ・ラブ・ルーシー」とは長い付き合いなのですがここ最近になってやっと気づいた事があります。

「リッキーって・・・かなりイイ男なのでは?」

そう、リッキーの良さに気づいたのです。

リッキーをまじまじと見つめると美形であるし、性格は明るく思いやりだってある。奥さんが道を踏み外そうとすると(?)猛烈に叱りつける頑固者かと思いきや彼の中のハバナの血が騒ぐのかラテンな情熱だって持ち合わせている。奥さんをこよなく愛していて浮気なんて夢の話のよう。

そして彼、どうやら結構な有名人みたいだし・・・(あのハーポ・マルクスもリッキーの存在を知ってたし、ビル・ホールデンやジョン・ウェインとは気さくに話す仲だしイギリスでもリッキーフィーバー巻き起こしてたよね)

そこで管理人はちょっと考えてみた。

誰も知りたくはない管理人の理想の男性像

  1. かっこいい(まぁかっこいいに越した事はないですよね)←正直
  2. 人間味あふれており、真の意味で人に優しい。
  3. 話が合う。
  4. 必要な際には私を諭してくれる。(自分、人生に不器用なんで)←健さんか
  5. 浮気しない。

もしかして・・・・ リッキーって私の理想の男性?!

(リッキーと話が合うのかはどうか分かりませんが)

とにかく、リッキーって実はかなりええ男なんやないかルーシーは良い人見つけたなぁと密かに思ったという話でした。

ちなみにシットコムのヒーローで私の最強理想の人は「愉快なシーバー家」のマイク(カーク・キャメロン)です。ああいう人が好きなんです。あと「恐竜家族」の長男。しかし悲しい哉彼は恐竜だった。

↓こういう人。

グローイング・ペインズ 愉快なシーバー家 <ファースト>コレクターズ・ボックス(DISC1~4)

グローイング・ペインズ 愉快なシーバー家 <ファースト>コレクターズ・ボックス(DISC1~4)

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日: 2006/12/08
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

渡る世間はデジばかり [お題「アイ・ラブ・ルーシー」]

脚本

橋田壽賀子・・・・ではありません。


出演

ルーシー
 デジ・アーネズ

リッキー
 デジ・アーネズ

エセル
 デジ・アーネズ

フレッド
 デジ・アーネズ


プロット

「アイ・ラブ・ルーシー」のキャラを全てデジ・アーネズが演じる画期的そして異色のシットコム。ストーリーは「アイ・ラブ・ルーシー」と一緒。キャラ全員キューバ訛りがひどい。時々スペイン語が飛び出すけど全員デジなので話が噛み合ってしまう。

出てくるゲストスターも毎度「デジ・アーネズ」 デジの姿形した人たちが大スターデジ・アーネズと出会って興奮したりはしゃいだり讃えたりしている。

キャラ全員デジなので、脇キャラであるメリーウェザーさんもトランブル夫人もルーシーのママもデジが演じる。リッキー・リカード・バンドの人たちも全員デジ。

 

濃ゆい空間になる事間違いなし。

↓デジ・アーネズの音楽に浸ろう。

The Best of Desi Arnaz: The Mambo King

The Best of Desi Arnaz: The Mambo King

  • アーティスト: Desi Arnaz
  • 出版社/メーカー: RCA
  • 発売日: 1992/07/28
  • メディア: CD

↓デジ・アーネズの人生を知るにはこの自伝を読むべし!

A Book

A Book

  • 作者: Desi Arnaz
  • 出版社/メーカー: Buccaneer Books
  • 発売日: 1994/04
  • メディア: 図書館

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

リッキーのバンドの人たちが好きだ [お題「アイ・ラブ・ルーシー」]

いやぁ、クラブ・トロピカーナ(後にクラブ・ババルー)専属のリッキー・リカード・バンドの人たちはいい人たちばかりだと思うのですがどうでしょう?

「私はピエロ」("The Audition")でルーシーがおかしな教授の格好をして何の前触れもなく登場したときも笑顔で出迎え、ルーシーの一挙手一投足に爆笑してましたし。

私の好きなエピソード"The Saxophone"では、ルーシーがバンドのサックス奏者志願としてひょいとクラブに現れ演奏席に座ろうとしたとき「ルーシー、降りてきなさい!」と叱ったボス・リッキーに「いいじゃないかいいじゃないかやらせてあげなよ~」とバンドメンバー全員でルーシーのサックスオーディションに賛成していましたし。

しかも陽気なキャラクターの人たちばかり。

「身から出たサビ」("Men are Messy")では、本番に備えてリハーサルに取り掛かろうとしたとき「寝てるか起きてるか分からないやつはトレードだぞ」というボス・リッキーの脅しにも屈せず、ボスの号令に合わせてすぴーすぴーとたぬき寝入りしてました。

私はそんな、リッキー・リカード・バンドの人たちが好きなのです・・・・

そうそう、"The Audition"(私はピエロ)でリハーサルではうまくいかなかった"Babalu"の演奏及びコーラスが本番では見事完成されていたのを観たとき感動を覚えましたね(笑)

リハーサルではボスが「そんなんじゃだめだ、もっとア~ア~ア~ア~!」とキューバンミュージック流のコーラスを指導していましたよね。慣れない歌唱法にバンドの人たちは手こずっていたようでした。

特訓に特訓を重ねた成果、バンドの人たち本番ではボスの「オレーオレーオレーオレー!」に合わせて立ち上がって「オレーオレーオレーオレー!」とコーラスを。格好までボスと一緒。コンガ太鼓まで叩いている。総リッキー・リカード化。おそらくコンガ太鼓の扱いも慣れてはいなかったのでしょう。バンドの人たちは努力家さん多しと見受けました。

そう、私はそんな、リッキー・リカード・バンドの人たちが好きなのです・・・・

そーいやバンドの紅一点・ハープを弾く女性はナンシーという名だそうですよ。綺麗ですよね。個人的には、撮影を離れた実生活でデジ・アーネズと浮名を流してはいなかったのだろうかと心配で心配でたまりません。

↓ファーストシーズンリージョン1

I Love Lucy: Complete First Season (7pc) (Full)

I Love Lucy: Complete First Season (7pc) (Full)

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2005/06/07
  • メディア: DVD

nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

こんなフレッドはイヤだ [お題「アイ・ラブ・ルーシー」]

フレッドをよく見てみると、三宅先生が演じている。

「日本の問題点」をずばり読み解く

「日本の問題点」をずばり読み解く

  • 作者: 三宅 久之
  • 出版社/メーカー: 青春出版社
  • 発売日: 2005/07/26
  • メディア: 単行本



今テレビタックル見て思いついたんですけど自分で編み出しておいて笑ってしまいました。

「たかじんのそこまで言って委員会」でもおなじみですね。

たかじんのそこまで言って委員会 SPECIAL EDITION I

たかじんのそこまで言って委員会 SPECIAL EDITION I

  • 出版社/メーカー: よみうりテレビ
  • 発売日: 2006/06/26
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

こんなアイ・ラブ・ルーシーはイヤだ [お題「アイ・ラブ・ルーシー」]

ルーシーが引っ込み思案。

リッキーがしゃべっているスペイン語は実はデタラメ。

エセルがルーシーのやる事にまったく興味を示さない。

フレッドが別に所帯を持っている。

エセルとフレッドがリカード家を訪ねない。

フレッドがルーシーにセクハラをする。

マーツ家はエセルのカカァ天下。

ルーシーとリッキーの仲が冷え切っている。

「リトル・リッキー」なのにリッキーの子ではない(ぎゃー!)

エセルがルーシーを陥れて「アイ・ラブ・エセル」に。しかしフレッドが乗り気ではない。

ジョン・ウェインが毎回出演している。

リッキーとハープの女性がデキている。

リッキーのクラブの楽団の人たちがストライキを起こす。

何故かルーシーまでリッキーみたいなしゃべり方になっている。

ルーシーがリッキーのエージェントマネージャーのジェリーと駆け落ち。(テレビコマーシャルに出てた人です)

リッキー、それを受けてミセス・トランブルと再婚。

メリーウェザーさんをよく見てみると、谷村新司が演じている。

ルーシーをよく見てみると、菅井きんが演じている。

リッキーをよく見てみると、あおい輝彦が演じている。

リッキーをよく見てみると、志垣太郎が演じている。

リッキーをよく見てみると、大鶴義丹が演じている。

リッキーをよく見てみると、岡田真澄が演じている。そして普通にクラブで歌っている。

フレッドをよく見てみると、水野晴郎が演じている。

そして「ルーシー・ショー」のムーニーさんをよく見てみると、水野晴郎が演じている。

↓こんなアイ・ラブ・ルーシーなら、いいよ。

I Love Lucy: Complete First Season (7pc) (Full)

I Love Lucy: Complete First Season (7pc) (Full)

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2005/06/07
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

アイヤイヤイヤイヤーイ・・・ [お題「アイ・ラブ・ルーシー」]

吹き替えアイ・ラブ・ルーシーで感動した事。

リッキーの「アイヤイヤイヤイヤーイ・・・」を、日本語吹き替えバージョンでも柳澤さんが熱演!!柳澤さんはスペイン語も頑張ってしゃべっていらしてますしね。役者魂見せられました。

このリッキーの、アイヤイヤイヤイヤーイはリッキーの口癖として有名っすね。

他の口癖有名どころ、ルーシーは「イーウ!!」(ウーウ?)で、フレッドは「Hey,リック!」といったところか。

ところで最近知ったのですが、エミー賞にはルシル、ヴィヴィアン・ヴァンス(エセル役)、ウィリアム・フローレイ(フレッド役)は各部門でノミネートされたり受賞したりしたんですがデジだけ一度もノミネートされていない・・・

何故だ?!

リッキーはデジ以外には考えられんのになぁ。さぁ皆さんご一緒に、

「アイヤイヤイヤイヤーイ・・・・」


コントタイム。

ユウママ「今更ですけど、ボスって歌うまいですよね」

「何だいいきなり。キミの口からそんな事言うなんて思っても見なかったよ。でもまぁ、キューバで生らしたこの鋼の喉はちょっとやそっとじゃ手に入らないよね。フフン♪」

ユウママ「そりゃ、喉なんですから手には入らないですよ。ハッハッハー!!」

「アイヤイヤイヤイヤーイ・・・・」

ちょっと、日本語吹き替えチックに決めてみました。

↓ファーストシーズンリージョン1

I Love Lucy: Complete First Season (7pc) (Full)

I Love Lucy: Complete First Season (7pc) (Full)

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2005/06/07
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

私の原語ルーシー鑑賞法。 [お題「アイ・ラブ・ルーシー」]

今回はワタクシ管理人の“原語ルーシーの鑑賞法”を紹介したいと思います。

私は英語が出来る方ではありません。はっきりいって、英語の理解力は自信ありません。リスニングもしかり。英検準2級です。しかし所有している「アイ・ラブ・ルーシー」のビデオ及びDVDは全て日本語吹き替えなしのリージョン1アメリカ版DVDなので、否が応にも英語で鑑賞しなければなりません。

はっきりいって、「ルーシー」鑑賞の際は黙ってじーっと観て、観て、観て、「多分ルーシーはこういう事がしたいんだろう」と予想していきながらラストに入るまでストーリーを追います。ラスト近くになって「あぁ、ルーシーってこういう事がしたかったんだ~」と初めて認識させられる事も決して少なくありません。

「ルーシー」は古いシットコムなので比較的はっきりと発音してくれるのが救いです。

"Paris at Last!"やテレビコマーシャルの話は割とすぐに筋を理解できましたが、"The Quiz Show"は「ん?何でルーシーん家に知らんおっさんが来る事になってんの?」と首を傾げた事もあります。

もう、じーっとじーっと観て登場人物の表情とセリフを逃さないようにしながら鑑賞するのが“原語ルーシー”を楽しむ方法だと私は思っています。

「どうして原語で苦労させられながらも、それでも観ているんですか?」

それは、ルーシーを愛しているからです。

次回は時間があれば、そんな私が鑑賞に耐え抜いた1時間番組「ルーシー・デジ・コメディ・アワー」第1回のレポートを書きたいと思います。この番組は「アイ・ラブ・ルーシー」のラストシーズン終了後に定期的スペシャル番組として放送された番組です。ルーシーとリッキーの“その後”の話といったところでしょうか。

でも、第1回はなんと、ルーシー&リッキーが出会った頃の話!まだ結婚する前の話です。これはマニア垂涎の1本ですよ。何せ、フレッドさんの髪の毛がまだあったから。

↓"Lucy Desi Comedy Hour"のビデオ。DVDは出ていない・・・

Lucy & Desi 1: Cruise Havana

Lucy & Desi 1: Cruise Havana

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 1995/08/01
  • メディア: ビデオ

↓ファーストシーズン。リージョン1

I Love Lucy: Complete First Season (7pc) (Full)

I Love Lucy: Complete First Season (7pc) (Full)

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2005/06/07
  • メディア: DVD

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ルーシーとの出会い、ルーシーって裁判起こしてた? [お題「アイ・ラブ・ルーシー」]

何故現在ハタチの現役大学生女子である管理人(aka.ユウママ)が、半世紀も前のモノクロ番組の存在を知っているのか謎に思っている方も幾名かいらっしゃると思います。

「実はサバ読んでるんじゃないの?」

と怪しんでいる方もいらっしゃるのでは?

しかし残念ながら私はサバは読んでいません。本当にハタチ女子です。信じてください。なんなら、フルハウスブログ。を隅から隅までチェックして頂ければ・・・フルハウスブログ&クラブ・ババルー開設当時は19歳でした。

今回は、「私とアイ・ラブ・ルーシーとの出会い」と題してルーシーとの馴れ初めを書きましょう。

ごめんなさい、覚えていません馴れ初め。いつ出会ったのか覚えてません。

私は1歳のときにアメリカに親の仕事の都合で連れて行かれて、物心着いたときには「アイ・ラブ・ルーシー」の再放送に慣れ親しんでいました。他に子どもらしくディズニーやワーナーのアニメの番組(だからフルハウスのジョーイのモノマネの元ネタも分かる)も大好きでした。ルーシーとディズニーとワーナーとどれも平等に愛しておりました。

当時(80年代後半~90年代前半)は「アイ・ラブ・ルーシー」はFOXチャンネルで放送されており、あのFOX映画を観ると必ず冒頭に「ダッタタタータララタッタラター」のBGM付きで出てくるあのFOXのロゴがCMに流れているのを眺めながらルーシーを鑑賞していました。

結局アメリカには6歳までいました。

日本に帰国後はいくらなんでも、かなりのどチビの頃に観たドラマの存在など忘れるだろうと思うものですが私の場合は忘れませんでした。というより、それを説明するにはまず母と姉の存在を登場させなければなりません。

母はアメリカに住んでいた頃、テレビで放送された「ルーシー」を何本か録画したり現地で販売されていたルーシーVHSを購入しておりました。それをそのまま日本に持ち帰ってくれたのです。

そして姉。姉はヒマなときに母が録画してくれたり購入してきてくれた「アイ・ラブ・ルーシー」のビデオを引っ張り出して観ていたものでしたから妹の私も姉に付き合って一緒に鑑賞していた事がありました。

というわけで、私はルーシーを忘れる事なく、むしろ鮮明に覚えていたのでありました。

ちなみに母のおかげで手元に置く事が出来た映像集↓

THE BALLET
HANDCUFFS
LUCY DOES A TV COMMERCIAL
LUCY'S ITARIAN MOVIE
LUCY'S LAST BIRTHDAY
あとタイトル忘れたけどリッキーがハゲになるのを恐れる話(多分ファーストシーズン)
THE SAXOPHONE

他にもまだあったかもしれませんがこんな所。サクソフォンやラストバースデーは、かなり好きな話だったのにビデオが行方不明になったのでがっかりしていたのですが一昨年セカンドシーズンDVDを購入したときに2つとも収録されていたので狂喜した覚えがあります。

本格的にルーシー大好きになったのはいつの話だろう?

きっと中学生頃に西村マスターの経営するルシル・ボールファンサイトと出会った事と、それとシットコム「フルハウス」にハマったおかげで海外ドラマをウォッチする事にしばらく趣味にしていた事で改めて「アイ・ラブ・ルーシー」の素晴らしさや面白さに気付いたのだと思います。

そして今に至る・・・・

どうですかボス。これが私と「アイ・ラブ・ルーシー」との出会いですよ。感動的じゃありませんか?

「うーん、キミの年でアイ・ラブ・ルーシーが好きっていうのを最初聞いたときはえらくびっくりしたけど、まぁよくよく考えればアメリカ在住の日本人でキミよりも小さい子だって毎日再放送されてるアイ・ラブ・ルーシー知ってる子いっぱいいると思うよ。だから、別段珍しい話でも何でもないよね」

キーッ!!ボスに言われるとなんかムカついてしまうー!!

ユウママは気持ちを抑えきれずに従業員という立場を忘れてボス・リッキーのほっぺたを両手でつねってしまったのでありましたとさ。

ちゃんちゃん。


こっからはオマケ。

アメリカにいたときに観た記憶があるエピソードで、ルーシー&リッキー・リカード夫妻がエセル&フレッド・マーツ夫妻とテレビを巡って裁判を起こすという話を観た記憶があるんですが、本当にその話が実在してるのかイマイチ自信がありません。もしや私の夢・・・?

なんか覚えているのは、リカード夫妻とマーツ夫妻が新品(?)のテレビを前にホクホクしながら「さぁ、テレビ観ようか!」とわくわくしてスイッチ付けたら壊れてしまって、それが元でケンカしてしまいには裁判沙汰に・・・という。

追記:)下線部ちょっと違うかも。今さーっと映像が思い浮かんだのですが、リッキーかフレッドがテレビを運んで、で、落としてしまって壊れた、だったかも?!
いやぁなんか今イタコみたいに映像がさーっと降って来ました。

小さい頃に観たとき「えールーシーとエセルたちがケンカしてる~」とドキドキしてしまいました。ルーシー&エセル、リッキー&フレッドはいつでも仲良しのイメージがあったんでしょうね。(今になっていくつかエピソードを観返すと結構仲違いする話があるんですが)

もしかして、テレビの修理代をどちらが払うかで裁判を起こした?うーん。

結局最後は「わはははは~」と言って法廷の場で和解したってオチだったと思います。で、裁判官たちはあっさり丸くおさまっちゃったのできょとんとしたような。

何で鮮明に覚えてるんだろう?しかもこの話、録画してないのに・・・

↓ファーストシーズン(リージョン1)

I Love Lucy: Complete First Season (7pc) (Full)

I Love Lucy: Complete First Season (7pc) (Full)

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2005/06/07
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ついに、日本語吹き替えルーシーをこの耳でしかと聞いた! [お題「アイ・ラブ・ルーシー」]

ある方のご好意で、BSで3月に放送された「オススメ!春のBS海外ドラマ」と4月3日放送の「懐かしのアイ・ラブ・ルーシー」を観る事ができました。

私の実家にも下宿先にもBSアンテナがないのでさてどうしたものかと右往左往していたのですが、ルーシーファンの友人が「楽しみを共有しよう!」と名乗り出てくれたのでこうして観る機会を得ました。ほんと、良いな良いな人間っていいな~(「マンガ日本昔話のエンディングテーマ」)と口ずさみたくなる今日この頃です。

さてさて、ついに私はルーシーの吹き替えを体感する事になったのでありますがまずは「オススメ!春の~」からチェックしました。コンバット!やERなどの紹介を経て、ラストはルーシーです。

勿論、吹き替えルーシー。

私の耳に飛び込んだ日本語ルーシーボイスは・・・!

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

アイ・ラブ・ルーシーバトン 作成者の回答編 [お題「アイ・ラブ・ルーシー」]

さてさて、管理人の回答編です。ユウママモードではなく素のモードでお送りしたいと思います。

1.アイ・ラブ・ルーシーはいつ頃から観始めましたか?良ければ当時のあなたの年齢と、そのとき観たエピソードの内容を教えてください。

・・・・・・

いつだろうね・・・・・・ 私の最古の記憶は4歳の骨折したときなんですが、少なくとも4歳にはもう観ていたはずです。アメリカに行ったのが1歳のときだったので。って事はセサミやディズニー・ワーナー・スヌーピーアニメと一緒にルーシーを観てたんじゃないだろうかね。

アメリカに居たときに観たエピソードで覚えてるのが、ルーシーがリッキーのバンドのサックス奏者志願する話と"Lucy's Last Birthday"ですね。それらのエピソードは母がビデオに録画して今でも実家にあると思いますよ。残念ながら初めて観たエピソードは忘れましたが、物心ついたときからルーシー好きだったのは間違いないです。

2.あなたの好きなエピソードベスト3を教えてください。

1位 "The Handcuffs"

何度も観てるのでやっぱりこの話が一番好きなのかもしれません。ルーシーとリッキーが手品用手錠と間違えて本物の手錠でつながれてしまう話。鍵が見つかるまでの間、ずーっとつながれたままでいなくてはならないのですがリッキーはショーに出演しなければならないからさぁどうする?という話。

リッキーの歌に合わせてルーシーの手が絶妙な動きをするんですよね。これは英語分からなくても誰でも笑えるシーンですね。今観返すとルシル・ボールのコメディエンヌ魂ここに極まれリ、とつくづく思います。

2位 "The Saxophone"

アメリカでも観ましたし、2年前に購入したセカンドシーズンDVDボックスに入ってると知ったときは懐かしさでいっぱいになりました。

ルーシーが正装してサックスオーディションにやってきたときは本当におかしくておかしくて。リッキーのバンドの人達も笑ってましたからね(笑)バンドの人達はおそらく素で笑ってたと思いますが、私はきっと「あぁーまたリッキーの奥さん来たよ~」と暗黙の了解を込めた笑顔だったんじゃないかと思います(笑)

終盤のクローゼットの男性の存在にえらく驚くルーシーにまず笑わされ、後から次々と男性が登場してもう驚きっぱなしのルーシーがおかしい。

最後のどんでん返しはシナリオの妙を思わせ、拍手を送りたいほどでした。

3位 "The Enceinte"

これはルーシーの妊娠が分かった話。ルーシーがリッキーに妊娠の知らせを伝えよう伝えようと思っているのに、邪魔が入ってなかなかリッキーに伝えられない話・・・・

ラスト、やっとリッキーがルーシーの妊娠に気づいて駆け寄るシーンは屈指の名シーンだと思います。リッキーが自身に起こった素晴らしい出来事に信じられない表情でルーシーに何度も本当なのか尋ねて、ルーシーが泣きそうな穏やかな顔で"Why didn't you give me a chance?"と聞き返すところに涙が出ます。ホロリ。

と、いうわけでベスト3はセカンドシーズンからのチョイスになってしまいましたが他にも好きな話はいっぱいあるんですよ。チョコレート工場、テレビコマーシャル、ウィリアム・ホールデンをゲストに迎えた話、バレエの話、あとフレンド・オブ・フレンドレスの話も最高やね。

3.ルーシー・リッキー・エセル・フレッドの中であなたの一番好きなキャラを教えてください。

うーん、みんな大好きなのですがここはやっぱりルーシーでしょうか。なんてったって“アイ・ラブ・ルーシー”ですからね(笑)

4.好きなサブキャラクター、もしくは気になるサブキャラクターがいましたらぜひ教えてください。

好きなサブキャラクターはやはり"The Ballet"のマダム・ラマンドでしょうか。アバ、アバ!!バレエの守り神にして鬼コーチマダム・ラマンドさん1回きりの登場だったのが残念(笑)

あと、気になるキャラは・・・ジュリーですかね。リッキーのマネージャー?なんでしょうか彼は。ジュリーは結構出てますね、テレビコマーシャルの話にも出てるし。

あとは"The Scene"(霊媒で狼狽)のプロデューサーのおじちゃんとか。あの俳優さん、ルーシー・ショーにも出てませんでした?

ルーシーのお母さんも良いですね。リッキーをミッキーと呼んでるとことか。

あと個人的によくリトル・リッキーの面倒を見てくれるリカード家のご近所おばあちゃんミセス・トロンボのたどたどしい喋り方が好きです(笑)

5.ハリウッドスター(ウィリアム・ホールデン、ジョン・ウェイン、ボブ・ホープ、スーパーマンなど等)が「アイ・ラブ・ルーシー」にゲスト出演したエピソードはご覧になった事がありますか?

ウィリアム・ホールデンとジョン・ウェインは観ました。ジョン・ウェインって結構ゲスト出演してません?

ボブ・ホープゲスト出演のワンシーンは"Babalu Music!"のビデオでなら観た事あります。

I Love Lucy: Babalu Music - I Love Lucy's Grt

I Love Lucy: Babalu Music - I Love Lucy's Grt

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2003/06/03
  • メディア: ビデオ

6.究極の質問!
男性の方へ→ルーシーとエセル、恋人にするならどちら?
女性の方へ→リッキーとフレッド、恋人にするならどちら?

・・・・・・・・・・

・・・・・・リッキーかなぁ。フレッドはおじいちゃんだからジェネレーションギャップがありそう。で、っでも世界大恐慌の頃の話とかしてくれそうやね(笑)

リッキーが恋人だったらやっぱり私はルーシーみたいに振るわなきゃいけないのかしら。

7.「アイ・ラブ・ルーシー」は日本でDVD化およびビデオ化はされていませんが、アメリカでは既にDVDやビデオが多数発売されています。アメリカ版DVDやビデオを購入された事がありますか?

ファーストシーズンとセカンドシーズンDVD持ってます。

I Love Lucy: Complete Second Season (5pc) (Full)

I Love Lucy: Complete Second Season (5pc) (Full)

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2004/08/31
  • メディア: DVD

 

あと、ベストセレクションビデオ6巻組をルーシーファンの友人より頂きました。小生、終生大切にします(感涙)

8.ルーシーグッズをお持ちですか?もしお持ちでしたらぜひ教えてください。

中学の頃、アメリカ旅行に行った友人から"I Love Lucy"のロゴ入りキャップ(帽子)とルーシーのイラスト入りピンバッチをおみやげに頂きました。ピンバッチは鞄につけてましたねぇ。

ある日、キャップをかぶろうと思って探したらないのであれ?と思ったらなんと父がかぶって出て行った事があって仰天してしまいました。

つい最近、友人より"Babalu Music!"のCD&ビデオ、ルーシーのレシピブック、ルーシーキャストが他番組にゲスト出演した際のエピソードを収めたDVD等多数頂きました。

単なるルーシーグッズではなく、友達から頂いた大切なグッズなのでかけがえのない宝物ですね。

9.「アイ・ラブ・ルーシー」以外のルーシーシリーズ(「ルーシー・ショー」「陽気なルーシー」"Here's Lucy")をご覧になった事はありますか?

ルーシー・ショーだけあります。

ルーシー・ショー DVD-BOX

ルーシー・ショー DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2005/09/22
  • メディア: DVD

ルーシー・ショーはある方のご好意で「マカロニ食べましょう」など4エピソードを観る機会を得ました。

実家には最近スーパーチャンネルを付けたので、実家に帰ったときだけはルーシー・ショーを楽しんでます。

10.ルーシー役ルシル・ボールはじめ主要キャストの「アイ・ラブ・ルーシー」及びルーシーシリーズ以外の出演作をご覧になった事はありますか?

うーん実はないんですよね。

ルシルとヘンリー・フォンダが出てる「合併結婚」は楽しそうな話なので観てみたいです。

11.ご回答、どうもありがとうございました。最後の質問です。あなたにとって「アイ・ラブ・ルーシー」とは何ですか?

私は「アイ・ラブ・ルーシー」は映画以外で名作文学に匹敵する映像作品だと思います。今でもアメリカではルシル・ボールはエルヴィスやモンローと並んでスターのシンボルになっているのは、それだけ色褪せる事のない人気作だからなのだと思っています。

しかし、私にとって「アイ・ラブ・ルーシー」はシットコムの古典であるから名作であり素晴らしいという位置づけをするような代物ではなく、幼少時から観てきて単純に面白い、大笑いするテレビ番組のひとつでありただその思いが今でも変わらないだけだから、こうしてブログ作ってしまったり日本語吹き替えも字幕も付いてないアメリカ版DVDを買ってるんだと思います。

「○○は私の青春だった」という言葉をする中高年がいますが、私が「アイ・ラブ・ルーシー」に対してそれに似た言葉を口にするとしたら「アイ・ラブ・ルーシーは私の青春が来るよりも早くハマったシットコムで、多分青春が過ぎてもハマってるシットコム」でしょうかね。

12.このバトンをルーシーファンのブログフレンドに回してみてください。

西村管理人様、マダム・ムーニー様・・・・・

ってブログお持ちじゃないっすよね。あまりにも質問が多いので、チョイスしてもかまわないのでこのブログのコメント欄に回答頂けませんでしょうか?

koukinobaabaさんや東京シットコムファミリーさんにもお願いしたいところですが、忙しいですよねぇ。

↓ファーストシーズンDVDです(リージョン1)

I Love Lucy: Complete First Season (7pc) (Full)

I Love Lucy: Complete First Season (7pc) (Full)

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2005/06/07
  • メディア: DVD

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の10件 | - お題「アイ・ラブ・ルーシー」 ブログトップ