So-net無料ブログ作成
検索選択
ヴィヴィアン&ビル・フローレイ ブログトップ

ヴィヴィアン・ヴァンスとウィルアム・フローレイの関係について [ヴィヴィアン&ビル・フローレイ]

ルーシーリッキーの住むアパートの管理人でお隣さんであるエセル&フレッドのマーツ夫妻。2人は時々口喧嘩する事もありますが、それも仲良しの証拠。マーツ夫妻はルーシーたちに負けないくらい愛の溢れた夫婦でした。

Meet the Mertzes: The Life Stories of I Love Lucy's Other Couple

Meet the Mertzes: The Life Stories of I Love Lucy's Other Couple

  • 作者: Rob Edelman, Audrey Kupferberg
  • 出版社/メーカー: Renaissance Books
  • 発売日: 1999/09
  • メディア: ペーパーバック

しかし、エセル役ヴィヴアン・ヴァンスとフレッド役ウィリアム・フローレイは実生活ではマーツ夫妻のように仲良しではなかったのだそうです。
(注:実際の2人はリカード夫妻を演じたルシル&デジと同じく実際に夫妻ではありません。恋人同士でもありませんでした)

それどころか、2人の仲は険悪だったと言われています。

2人の関係を如実に示すエピソードがあります。

1968年、ウィリアム・フローレイは10年来暮らしていたホテルKnickerbocker Hotelの前で心臓発作で倒れ、帰らぬ人となってしまいました。
レストランで2番目の夫と食事を取っているときにフローレイ氏訃報の知らせを知ったヴィヴィアンは、その場でこう叫んだのだそうです。

"Champagne for Everybody!" 
(皆さんにシャンペンを!)

 

祝杯かよ?!by.いちルーシーファン

いやーびっくりですね。相当仲悪かったんですねお二人さん・・・

もうひとつ、このようなエピソードもございます。

実は「アイ・ラブ・ルーシー」のスピンオフとしてマーツ夫妻を主役とした番組が企画されていたのだそうです。それは1959年の事、ちょうど「アイ・ラブ・ルーシー」の最終シーズンである第6シーズンが終了し、「ルーシー」初めての再放送が順調にオンエアされていた頃の話でした。
フローレイ氏は仲の悪いヴィヴィアンとの共演は目をつぶり、ただ高い報酬を得るためにこの話を受けようと考えていたそうです。しかし、ヴィヴィアンはまたフローレイ氏と共演する事をものすごく嫌がり、断固出演を拒否しました。
そういう訳で結局、「ルーシー」スピンオフ"Fred and Ethel"の実現は泡となりました。

この話には続きがあります。

ヴィヴィアンは「ルーシー」終了後、シットコム"Guestward Ho!"の主役を任される予定でしたが結局彼女の役はJoanne Druの手に移ってしまいました。(何があったのかは分からない)
一方、フローレイ氏は「ルーシー」終了後はシットコム"My Three Sons"のメインキャストとなります。Michael Francis "Bub" O'Casey役でした。"My Three Sons"はロングランヒット番組となり、フローレイ氏のもうひとつの代表作となりました。
大ヒットを約束されたも同然の「ルーシー」スピンオフの出演を蹴ったヴィヴィアンが一時女優活動に行き詰ってしまい、反対に出演承諾したフローレイ氏がその後も好調な俳優活動を続ける事となったのは何とも皮肉な話ですね。

最後に。

「アイ・ラブ・ルーシー」のプロデューサーを務めたジェス・オッペンハイマー(Jess Oppenheimer)氏はヴィヴィアンとフローレイ氏の関係について実際に発言をした事がありそうです。
彼は、広く浸透している「エセルとフレッドを演じた2人は実際はものすごく仲が悪い」という説を、「それは大げさに誇張した話だ」と一蹴してから以下のような旨の発言をしました。

While TV's favorite neighbors may not have been "chummy" in real life, they were professionals who for the most part treated each other with respect during rehearsals and filming.

テレビ界の愛すべき隣人たち(※「ルーシー」マーツ夫妻を指す)は実生活では決して親しい間柄ではなかったとしても、リハーサルや撮影中でも敬意をもって相手に接していたプロの俳優だったよ。

(※かなーりあやふやな翻訳です。ご了承ください)

 

「アイ・ラブ・ルーシー」を支えた貢献者に間違いなく含まれるであろうヴィヴィアン・ヴァンスとウィリアム・フローレイは、仕事に私情を挟む事など一切なかった一流の役者であったのだという事実がうかがい知れます。

そして、ヴィヴィアンもフローレイ氏もおそらくはお互いを仕事仲間と認め、自分たちは「ルーシー」に欠かせないキャストなのだと自覚していたのだと思います。

↓アメリカ版リージョン1DVD。ファーストシーズンです。英語字幕なし。

I Love Lucy: Complete First Season (7pc) (Full)

I Love Lucy: Complete First Season (7pc) (Full)

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2005/06/07
  • メディア: DVD

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

エセル役ヴィヴィアン・バンス&フレッド役ウィリアム・フローレイの伝記 [ヴィヴィアン&ビル・フローレイ]

エセルを演じたヴィヴィアン・バンスと、フレッドを演じたウィリアム・フローレイのどちらの伝記も収めた一冊の本があるそうです。

Meet the Mertzes: The Life Stories of I Love Lucy's Other Couple

Meet the Mertzes: The Life Stories of I Love Lucy's Other Couple

  • 作者: Rob Edelman, Audrey Kupferberg
  • 出版社/メーカー: Renaissance Books
  • 発売日: 1999/09
  • メディア: ペーパーバック

本人らの著作ではなく、伝記作家さんが二人の生涯を追って、調べて書かれたもののようですね。

へーこんな本があるとは、知らなかったよ。
もともとお二人さんは映画で活躍された方々なんだろうなぁとは思っていたのですが、どんな活動をされたのかは把握していないのでこういう本には興味津々です。

ルーシー」の洋書ってものすごく多いので目が回ってしまいますせめて、ルシルの自伝は購入して読めるようになりたいなぁ。

↓ルシルファンのバイブル!!

Love, Lucy

Love, Lucy

  • 作者: Lucille Ball, Betty Hannah Hoffman
  • 出版社/メーカー: Boulevard (Mass Market)
  • メディア: ペーパーバック

 

 

"Love,Lucy"を基にルーシーの生涯を日本語で紹介したすばらごいページもございます。
ルシルボールファンサイトの管理人様・西村哲也さん渾身の作です。本当にありがとうございます。管理人様のおかげでルシルの生涯を深く理解する事ができました・・・
http://www.kyoto.zaq.ne.jp/n-garage/lucy/lucy-life.html
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
ヴィヴィアン&ビル・フローレイ ブログトップ